見るたびに惚れてしまう!アンブロシウスドールの遊び方

※アフィリエイト広告を利用しています。
人形

暖かく過ごしやすい季節になってきましたね☆外に出るとお花も色づいてきて楽しいです!(花粉には毎年悩まされますが、、、汗)
今回は春はもちろん、それぞれの季節にぴったりな可愛い人形を紹介したいと思います!
この人形見たことがあるけど、どうやって遊べば良いのかわからない。。 上手く遊べる自信がない。。
という方の参考になれば嬉しいです☆

私たちはアンブロシウスドール!

この子たちはアンブロシウスドールと言います♪

 

以下、木のおもちゃやクルテクから引用
アンブロシウスの妖精たちはルーマニアで誕生しました。
花や、果物をモチーフにした愛らしい人形で、人形たちはウールフェルト、ウール、コットンなどの再生可能な素材から手作りされています。
小さな子供を持つ人、退職した人、障害を持った人などが在宅で作業する機会を持ち、利益の一部はウォルドルフ学校に寄付され、貧しい村の教育支援にも用いられています。
このことからも、アンブロシウスが優しい素材で作られていることがわかりますね!


色んな植物がモチーフとなっているので好きな植物のアンブロシウスを探してみるのも楽しいです☆
ちなみに筆者は、夏のお花ハイビスカスと、春のお花のばらの2体をお迎えしました!

また、二体をよく見比べてみると肌の色が違うことに気づきますか??
同じ格好をしていても、肌の色がベージュとホワイトの2種類あります!
そしてハンドメイドなので、一つ一つ顔や表情も違います。お気に入りのアンブロシウスを見つけたいですね☆

アンブロシウスドールの遊び方

結論からお伝えすると、アンブロシウスドールは飾って楽しむ人形です。
全長6センチ〜8センチなので細かいパーツが取れた場合などは誤飲などの危険が予想されます。
ん?では、どうやって遊ぶの??
遊びに使うのは難しいけど、飾る過程を遊びに変えてみてはどうでしょうか?
どのように飾ったら楽しいか、筆者の実体験を交えてお伝えしていきますね!

積み木などとの相性は抜群!!


筆者はツリーブロックスとグラパットとともに一緒に飾ってみました!
素材が似ている為か、自然に馴染んでいるように思います。
「良い感じだな〜☆だけど、、、何か物足りないなぁ。。。」
と思っているところに5歳の長女が登場!!

迷うことなくどんどん積み上げていく!!

ツリーブロックスを上に積み上げる発想に驚きでした!!
なるほど〜!高さが出て背景ができた☆
この時点で子どもの感性には敵いません。。。笑

さらにはオレンジ色のグラパットを持ってきて
「そうだ!妖精さんはみかん好きかな?」とパーツをみかんに見立てて置いてくれていました♪
5歳にもなると自分で色んなストーリーを想像しながら世界を作り上げてくのですね!

そして最終的にはこのような形に落ち着いて完成しました!
妖精がジュースを飲んでパーティーしているらしいです笑
ただ飾るのではなく、他のおもちゃと一緒に見立て遊びをしながら1つの世界を作り上げていくと楽しそうですね!

デメリット 値段が高額に感じる

 

一体あたりのお値段は約2500円〜4000円前後と少し高額にも感じますが、一つ一つ丁寧な作りとなっているのでお値段以上の価値は感じられるかと思います。乱暴に扱わない限りは壊れることもなく、楽しめると思いますよ!

 

 

 

植物だけでなく、お天気のモチーフもあります!

 

 

 

子どもの記念日や頑張った時などに一体ずつ購入していくと、何年経ってもその時のことが思い出として蘇ってくるかもしれませんね☆

まとめ

このブログではアンブロシウスの魅力や、その種類、遊び方の紹介をしました☆
読んでくださった方もお気に入りのアンブロシウスを見つけて、季節折々にまたはその時の気分でアンブロシウスを飾って楽しんで欲しいと思います。

 

ぜひ皆さんも可愛いアンブロシウスドールに癒されてみてはいかがでしょうか^^

 

この記事を書いた人
EN

おもちゃコーディネーター®️のENです!
2歳差姉妹の母、保育士として勤務中✨

日々の育児、大変なことも沢山ありますが、一度きりの育児期間!!
楽しく過ごすには、子どもも大人も楽しい環境が必要だと思っています。
おもちゃもその一つ。
子どもが遊んでいて楽しい!!だけでなく、大人も触っていて何故か癒される♡
見た目や色彩が美しい♡そんなおもちゃ達がある事で育児もより楽しくなるはず✨

このブログでは子どもはもちろん、大人も一緒に楽しめるおもちゃ、その遊び方をご紹介していきたいと思います🌈時々お出掛け情報も!!

好きなおもちゃメーカー
・グリムス社(ドイツ)
.グラパット社(スペイン)

ENをフォローする
SNSフォローボタン
ENをフォローする
人形
シェアする
ENをフォローする
ENLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました